やらないをやめる。ビックボーナスを発注☆

出前系パエリアパーリーしますた。笑




そして遊びマスター。










おはようございます、こんにちは、こんばんは。





先日から再開した、宇宙と自分と地球の宇宙意識を取得する気功ヒーリング。



《宇宙ハイパーヒーリング》


受けてくれた方からいただいた感想。ありがとうございます。その中から具体的な項目だけを箇条書きにしてここに共有します。ひとつの情報として取捨選択の上、選択肢として認識いただけたらと思います。

  • 悩むことが極端になくなった
  • 不安になるということがなくなった
  • 心があたたかくかるい
  • ワクワクする
  • 腎臓のクレアチニン値が一番良い値に改善された
  • 生理前の鎮痛剤がいらなくなった
  • 心が軽くなった
  • 今までよりも自分を見るようになった


これは、気持ちが前向きになった。



ということです。さらに、現状に肯定的なスタンスで望むことができている。



それで良いんですよ☆




人生というのは、なんでも起こせる。





1つ真実に則った間違いないきっかけを掴むと、人の心は素直に反応し遭遇します。

そのきっかけは、この肉体空間の中にある情報と相違した、高周波。宇宙というか、まぁそれですよ。




もともと、みんな宇宙の生物なわけで



つまり、人工が介入しづらい情報域のエネルギーに調和して循環すればよいのだす。(誤字ではありません)



そして、その宇宙は自分。その自分は同時に地球です。





宇宙と自分と地球の臨場感を忘れないでくださいね。





あとは、この感覚に慣れるだけです。記憶してしまえばいいのです。



慣れたら、その時が出来上がりなので、最終は認めるだけ。腑に落とすだけ。落とし込むだけ。





で、忘れる。ここ重要。


一度、忘れる。




切り離すほど忘れる。




やりたいことはやって!
やりたくないことはやらないをやって!
飽きたら、やらないをやめるをやって!






すれば、忘れている間に一周まわって、進化してますからね。




時空越えと名付けよう。



天城越えをヒントに。





  



やらないをやめるをやる。

これ、オモシロ話として共有します。






思えば、小学生の頃。




友達と遊ぶこと、家族との時間、学校の時間、遊ぶ時間、新しい遊びを考える時間。

僕は「やれる」と言うことがとても嬉しくて、それらをやっている自分がとても好きだった。






やりなさい。と言われてやる自分もそれはそれで結構好きだった。





今思い出されるのは、小学校の給食の後、それは掃除の時間。1組の班で形成された4人だったか、6人のチームで1週間掃除を行う。





先にも言ったように、僕がやっている自分が好きだったから、それがなんであろうと楽しく、ひとりで勝手に楽しくやってた。




そんな僕には、くじ引きで席を決めたにもかかわらず、絶対に掃除をしない友達と一緒になることが頻繁にあった。



その時間になると、そのTもみち君はSとし君と教室からいなくなる。みんなも覚えてると思うけど、小学校の教室の掃除は、机を前後に移動させて掃き掃除やモップがけを行っていたと思うんだけど、1人いなくなってしまうと一人当たりの移動させる机の数が増えるんだよね。



当然男子女子のチームなので、非力な女子はそのご機嫌が斜めどころか、急下降してしまう。




このままではいやいやみんなが掃除をすることになり、ほこりやゴミはなくなるけど、雰囲気は汚れるぞ。




それではなぁと、いなくなった友達の分もせっせと机を前に動かし後ろに動かしやってやった。




しかも、いつもできるできると思い込む僕は、そういう時に底力と言うものに気づく賢い超天才で、(人の分まで机を運んだら、これ徳2倍じゃん)

そしたら学校生活を短縮できる可能性高まるねー。

なんて日本にはない飛び級みたいな考え方を持っていた。

つまり、僕は一見不利と見える状況に置かれたとしても、前向きで肯定的な姿勢を崩さなければ、そして自分にとって有利に物事を捉えることさえできれば、しっかりとやった奴どころか、超しっかりとやった奴になれる。





魂を磨くと言う、自分磨きと言うことを小学校と言う社会を通じて学んだ。

だから僕は強い。
優しく強い。
そして素晴らしいらしいんだ。

僕がここで言いたいのは、やりたいことをやる。やりたくないことはやらない。

それは大事だよ。

だけど、やりたくないことをやらないを止める。

それをすると言う事は、自分自ら自分の人生のビックボーナスを発注すると言う事でもあるんだよ。

やりたいことをやる。
やりたくないことをやらない。

それは、今年20歳になる僕の長男にも子供の時からずっと言ってきてること。

それによって彼は、本当に好きなことを見つけることができた。本当に好きなことを見つける重要性とそれが自分を生きると理解した。

たったそれだけで、自分の人生と言うのは自分によって十分に幸せなものになるよ。

多くの仲間に囲まれ、たくさんの友人を作り、幸せの時間を生きている。それで充分幸せ。あとは好きにやっている。


でももし、その範囲を広げようと思ったら、「やりたくないことをやらないをやめる」ことでさらに広がっていくからね。


だってさー、好きも嫌いも関心があるってことじゃない。じゃあやるって言う選択もできるよね。

関心があるんだから。だってその反対は無関心だよ。

無関心だったらやるやらないの考察、好きとか嫌いとかの判断、そんな状態になることすらないよ。

それが無関心よ。


関心があるんだから、やってもやらなくても一緒だよ。

だから僕の息子には、やりたくない事は絶対やるなって言ってある。そしてそれは一生やらないんだよって。


だけど未来を見たときに、その未来を見たときに、その先の未来を見たときに、どっちが自分の宇宙が拡大してると思う?


前向きに肯定的にやらないを選択できるんだったら、同じようにやるを選択してみてもいいんじゃない??


人の一生は短いって誰かが言ってたけど、僕は一切、1ミリもそんなふうに思わない。めちゃめちゃ長いじゃん。ありがたいことに昨日も生きてて、今も生きてる。


だから、自分の中に1つでも革命を起こしてみてもいいんじゃない。

止めてみな。
前向きさと肯定的なスタンスを持って、「やりたくないことはやらない」を止めてみな。





その時、宇宙は最大の愛を君に。


今この瞬間たくさんの雨が降っているけど、それによって秋たくさんの収穫ができるんだ。

植物の尺度では、必ず明日はくるって言う世界に生きてるわけ。


僕たちは、そんな地球の回転の中に生きてるんだよ。自分の人生をより良くするんだとしたら、できる。


僕はみんなが今安定してることはわかってるよ。




そしていつもみんなのことを思っている。今もちゃんと思ってる。


人を思えると言う事は、それだけで充分に幸せなこと。それによってできてるって思えるじゃん。生きてるってわかるじゃん。

そうやって、超人間をやってる自分を生きてね。



なんだか、新しい始まりがはじまった。

テレパシー。

そんな話でしたね。





というオモシロ話でした。


みんなの午後も、きっと誰かのためでありますように。








宇宙ハイパーヒーリングは、遠隔でのヒーリングになりますので、いつでも募集中です。


多くの方に経験してもらいたいと言うことが、僕にとっての1番大きな望みで、それ以外のプライオリティーっていうのは実は結構低かったりします。料金の部分で言うと、扱うエネルギーは決まっているので最低金額と言うのはありますけど、どんなに回数や時間がかかったとしても、僕はあなたに合わせて対応いたします。



1日2日考えて、7月のエネルギーの流れも考慮して、ぜひご連絡を。




Kikokoro = Private Hyper Healing

ある日、目を覚ますと体に乗っていた。一体であったあの時の感覚のまま激動の時代を生き抜いた彼は、ネオヒューマン。

0コメント

  • 1000 / 1000